自己破産を検討しているならココ|費用について

婦人

相続対策を講じる

計算

生前から準備する

誰かが亡くなった後になってから、相続税を節税する手段はないものかと慌てる人が多いですが、多額の相続税が発生することがあらかじめわかっている場合は、生前から節税対策を実施しておくに限ります。それも、かなり早いうちから少しずつ準備を進める必要があります。なぜかというと、死亡前2〜3年以内に行われた生前贈与などは税金逃れの脱法行為とみなされてしまう可能性が高いからです。とはいえ、素人が考え付く節税対策は限られていますし、その手続きをとっている時間的余裕がないという人も少なくありません。無理に自分でやっても良い結果にはなりませんので、税金のプロである税理士に任せてしまうのが賢明です。港区には相続の生前対策サービスを提供している税理士事務所がありますから、そこに相談してみることをお勧めします。 港区は、富裕層が多く住んでいるエリアであるため、個人客が節税相談で税理士事務所を利用するケースが多くなっています。そのため、港区内内で営業している税理士事務所の多くが、個人向けの税務サポートサービスを用意しています。ただし、港区内には法人税務業務1本でやっている税理士事務所もありますので、利用する際には注意する必要があります。中には法人向けの税理士事務所があるため、個人ではできない場合があるのです。ですので、税理士に節税相談をしたいと考えているのであれば、まず電話で相談予約を入れるのが望ましいです。その際に、個人向けサービスの有無を確認することができますので、無駄足を踏む心配がなくなります。