自己破産を検討しているならココ|費用について

婦人

故人の借金を引き継がない

ファミリー

弁護士に相談する

お世辞にも景気が良いとは言えない状況が続いている昨今、プラスの財産をはるかに超える額の借金を抱えたまま亡くなる人がたくさんいます。そういう場合、相続放棄申述書を家庭裁判所に提出することで、借金を引き継がずに済ませることができます。奈良でも毎年多くの人が相続放棄の手続きをとっていますが、手続きをとる前に奈良で営業している弁護士に相談してみるようにした方がよいです。明らかにプラスの財産よりも借金の方が多くなっている場合は相続放棄するのがベストですが、プラスの財産がいくらあるのか判然としないケースがしばしばあります。限定承認しておけば多少なりとも財産を受け取ることができたのにというケースが意外とたくさんありますので、奈良で営業している相続専門弁護士に一度相談してみた方がよいです。奈良には、その種の問題の対応を得意としている弁護士がいますので、とても重宝することができます。相続放棄の手続きについては相続人1人1人が個別に行うことができますが、限定承認の手続きは相続人全員で行わなくてはなりません。限定承認した場合は、相続財産の範囲内で債務を引き受けることになりますので、自分の固有財産を債務の引き当てにされてしまうことはありません。しかし、自分が元々持っていた財産まで借金の方として取られてしまうことになるのではないかと誤解している人がたくさんいます。そのため、相続人全員の同意を得ることがとても難しくなっています。しかし、弁護士を利用すれば限定承認の仕組みをわかりやすく説明してもらうことができるので、そういった誤解が起こらなくなります。また、裁判所への申し立て手続きも弁護士がやってくれますから、相続人に余計な負担がかかることはありません。